Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

UI でのプロキシの展開


デフォルトで Apigee Edge のどの組織 (organization) にも、環境 (environment) として少なくとも「test」と「prod」の 2 つがあります。名前の付け方は任意です。要は、これらの環境は API 変更の作業およびテストの場と API をアプリに公開する場を提供するためのものです。

ロールによっては、一部の環境に展開できないことがあります。ユーザーは test 環境のみに展開できます。管理者の場合は、すべての環境に展開できます。

展開オプション

プロキシは、リビジョンまたはバージョンとして展開できます。この 2 つは異なる概念であり、以降で説明します。

リビジョンについて

組織の各環境が保持できるのは、1 つの API プロキシの 1 つの展開済みリビジョンだけです。一般には、あるリビジョンを prod に、テスト中ないし開発中の別のリビジョンを test に保持します。例えば、リビジョン 1 を test に展開し、リビジョン 20 を prod に保持できます。全リビジョンの展開については、API プロキシエディタの「Overview」ページに表示できます。

ベースパスを変更せずに API プロキシを作成し、それを展開済みリビジョンが存在する環境に展開すると、以前の展開が解除され、新しいリビジョンが展開されます。管理 UI を使用して展開すると受信呼び出しに影響が及ぶ可能性があることに注意してください。展開中に受信呼び出しの処理と移行をより円滑に進めるには、管理 API を使用します。 「管理 API を使用したプロキシの展開」のシームレスな展開に関するセクションを参照してください。

バージョンについて

Edge では、1 つの環境にプロキシの複数バージョンを展開できます。各バージョンはベースパスが異なっている必要があります (/v1/v2 など)。 

API プロキシの展開と展開解除

The size limit of a proxy bundle is 15 MB.

API プロキシを管理 UI で展開 (または展開解除) するには、次の手順に従います。

  1. API プロキシエディタで、展開 (または展開を解除) するリビジョンを選択します。
  2. 「Deployment」 > 「{environment}」をクリックし、確認ダイアログに応答します。

    API プロキシのベースパスが環境に存在する別の展開済みリビジョンと同じだった場合は、以前のリビジョンの展開が解除され、新しいリビジョンが代わりに展開されます。

    同じ環境に複数のバージョンを展開することについは、次のセクションを参照してください。

展開済みリビジョンについては、前述の手順に従って展開を解除することもできます。展開済みリビジョンには、環境名の横に緑色のドットが表示されます。

同一環境への複数バージョンの API プロキシの展開

The size limit of a proxy bundle is 15 MB.

次の手順に従うと、API プロキシの複数のバージョンを同じ環境 (test など) に展開できます。

  1. API プロキシのベースパスを変更して新しいバージョンを指定します。例: /v1/v2/v3 など。
  2. API プロキシを新しいリビジョンとして保存します。
  3. 新しいリビジョンを展開します。例えば、test 環境への展開が考えられます。

このシナリオでは、異なるフロー、ポリシー、構成を使用して各 API プロキシを一意に定義でき、各プロキシへの API 呼び出しを test 環境で実行できます。

API プロキシの複数バージョンを同じ環境に展開するには、次の手順に従います。

  1. Develop」ページに移動します。「Navigator」で、Proxy Endpoint フローのどれか (デフォルト項目、PreFlow、など) を選択します。
  2. <BasePath> 要素の値を変更して、API プロキシのバージョンを反映させます。例えば、v1v2 に変更します。
  3. 「Project」 > 「Save as New Revision」を選択して、変更内容を新しいリビジョンに保存します。

    この段階で、API プロキシに対してフローやポリシーなどの構成を任意に変更し、「Save」をクリックします。

  4. 新しい API プロキシバージョンを定義する API プロキシリビジョンを展開します。展開するには、「Deployment」 > 「{environment}」を選択します。

「Overview」ページでは、ベースパスがそれぞれ異なり、同じ環境に展開されている、複数の API プロキシバージョンを確認できます。

Help or comments?