Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

環境キャッシュの作成と編集

予め用意された共有キャッシュを使用しない場合、独自のキャッシュを作成して構成できます。共有キャッシュを使用するのではなく、キャッシュ処理ポリシーの下で作成するキャッシュを使用できます。

また Apigee API を使用してキャッシュを作成できます。詳細については、「環境でのキャッシュの作成」を参照してください。
通常の環境では、独自のキャッシュを構成する必要はありません。キャッシュ設定のカスタマイズとパフォーマンスの最適化が必要な場合のみ、キャッシュを構成します。キャッシュリソース構成について質問がある場合は、Apigee サポートにお問い合わせください。

For guidance on which type of cache or persistence to use in different situations, see Persistence tools in Edge.

キャッシュリソースの定義

各環境で複数のキャッシュリソースを作成できます。キャッシングポリシーを構成する際、予め用意された共有キャッシュと自分で作成したキャッシュのどちらをポリシーで使用するかを指定します。

For data segregation, the scope of a cache is limited to the environment in which you created the cache. (For example, API proxies running in a 'test' environment cannot access data in a cache running in 'prod'.) Once you create a cache, policies can populate it with any serializable data. For usage, see Example: General purpose caching.

Response Cache policy」も参照してください。

キャッシュの作成と編集

これらの手順では、管理コンソールを使用してキャッシュを作成または編集する方法について説明します。

  1. 管理 UI で「APIs」メニューをクリックし、次に「Environment Configuration」をクリックします。
  2. テストまたは実稼動など、キャッシュを構成する環境を選択します。
  3. 「Caches」タブに移動します。
  4. 「Edit」をクリックします。 
  5. 「Caches」の下で、右側にある「+Cache」ボタンをクリックして新しいキャッシュを追加します。

  6. 新しいキャッシュのプロパティ値を入力します。次の表で設定について説明します。
    プロパティ名 デフォルト値 説明 注記
    Name 該当なし キャッシュ名。環境内で一意にする必要があります。キャッシュリソースとデータを送受信するポリシーから、このキャッシュを参照します。  
    説明 該当なし キャッシュリソースのオプションの説明。  
    Expiration Type Timeout in Seconds キャッシュエントリを期限切れにする方法を設定します。有効期間として、作成後の一定秒数、各日付の特定の時刻、特定の日付を指定できます。 Populate Cache policyおよび  Response Cache policyは両方とも、作成するキャッシュエントリのために、これらの有効期限設定を独自の値で上書きします。
    Expiration 一定秒数でのタイムアウト : 300 (秒)

    各日付の時刻 : 12:00:00

    日付 : 現在の日付 (dd-MM-yyyy)

    「Expiration」ドロップダウンで行う選択のための構成設定 (integer または dateTime)。

    各日付の時刻は HH:mm:ss の形式で入力します。HH は 24 時間制の時間を表します。例えば、午後 2:30 は 14:30:00 になります。

    各日付の時刻を選択する場合、デフォルトのロケールとタイムゾーンは、コードを実行している場所によって異なります (構成時には確定していません)。ロケールの構成については、「環境キャッシュの作成と編集」を参照してください。

  7. 「Save」をクリックします。

Populating cache

You can populate cache during API proxy runtime in the following ways.

Cache keys are limited to a size of 2 KB.

 

Help or comments?