Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

レート制限

さまざまなクライアントアプリがある環境でパフォーマンスと可用性を維持するには、API とバックエンドサービスの容量制限の中でアプリのトラフィックを維持することが重要です。またアプリが認められた量を超えてリソースを消費しないように徹底することが重要です。

Apigee Edge には、バックエンドサービスの正常性を維持しながら、トラフィック管理を最適化し、アプリの遅延時間を最小限に抑えられる 3 つのメカニズムがあります。各ポリシータイプは、トラフィック管理の個別の分野に対応します。状況によっては、1 つの API プロキシで、3 つの全ポリシータイプを使用することもあります。

Watch this video for an introduction to API traffic management policies.

Spike Arrest

このポリシーは、定義する制限をより短い間隔に分割することで、トラフィックの急増を 抑制します。例えば、1 秒あたり 100 メッセージという制限を定義しており、Spike Arrest ポリシーが 10 ミリ秒 (1000 / 100) に約 1 リクエストの制限を強制する場合、1 分あたり 30 メッセージの状況は、2 秒 (60 / 30) あたり約 1 リクエストに抑制されます。Spike Arrest 制限は、バックエンドサービスまたは API プロキシ自体のために算出された容量に近づける必要があります。またこの制限は、秒や分など、より短い時間間隔に対して構成する必要があります。このポリシーは、悪意のある攻撃者がサービスを妨害するために使用する DOS (Denial-of-Service) 攻撃、またはバグがあるクライアントアプリケーションが原因となるトラフィック急増を防止するために使用します。

Spike Arrest policy」を参照してください。

クォータ

このポリシーは、受信リクエストをカウントする分散型「カウンタ」を保守することで、クライアントアプリに消費量制限を強制します。このカウンタは、アプリ、開発者、API キー、アクセストークンなど、識別可能なエンティティの API 呼び出しをカウントすることができます。通常、API キーはクライアントアプリの識別に使用されます。このポリシーは電算リソースを多く消費するため、トラフィックが多い API の場合、1 日または 1 月など、より長い期間に対して構成する必要があります。このポリシーは、運用上のトラフィック管理ではなく、開発者、パートナとの業務契約や SLA の強制に使用する必要があります。

Quota policy」を参照してください。

ConcurrentRateLimiting

このポリシーでは、API サービスとバックエンドサービスの間でトラフィック管理を実行できます。レガシーアプリケーションなど、一部のバックエンドサービスには、サポートできる同時接続数に厳しい制限が課せられている場合があります。このポリシーは、API サービスからバックエンドサービスへ一定時間内に送信できるリクエスト数に制限を強制します。この数は、バックエンドサービスを呼び出す可能性がある API サービスの全分散インスタンスを対象としてカウントされます。ポリシーの制限と期間は、バックエンドサービスで使用できる容量に一致するように構成する必要があります。

Concurrent Rate Limit policy」を参照してください。

サポートを受ける

サポートについては、「Apigee カスタマサポート」を参照してください。

Help or comments?