Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

サンプル API プロキシの使用

Apigee では、ダウンロードしてローカルで実行できるサンプル一式を GitHub に用意しています。

前提条件

サンプルを使用するには、https://enterprise.apigee.com のアカウントが必要です。http://accounts.apigee.com/accounts/sign_up にアクセスすると、サインアップしてトライアルアカウントを取得できます。

アカウントの作成の詳細については、「Apigee Edge アカウントの作成」を参照してください。

サンプルを使用するには、Git と Python をインストールする必要があります。

Git

GitHub に配置されているサンプルです。Git をインストールしていない場合は、「GitHub の git のセットアップ手順」を参照してください。Git のインストールを希望しない場合は、https://github.com/apigee/api-platform-samples でファイルを参照したり、zip をダウンロードしたりすることができます。

Python

Python は Apigee 展開ツールを実行するために必要です。Python は、ほとんどの Linux 環境、XCode がインストールされている Mac、Cygwin がインストールされている Windows マシンなどあらゆる場所で使用されています。

Python を入手するには、「Python のインストール手順」を参照してください。

サンプルのダウンロードと展開

サンプルをダウンロードして展開するには、次の手順を使用します。

  1. サンプルファイルを入手するには、次のコマンドを実行します。

    $ git clone https://github.com/apigee/api-platform-samples.git
  2. サンプルをダウンロードした後、ディレクトリを /setup に変更します。

    $ cd setup
  3. /setup ディレクトリで setenv.sh ファイルを検索します。このファイルを編集して、組織 (organization)、ユーザー名に関連付けられているメールアドレス、および API プロキシの展開先の環境 (environment) (prod または​​ test) を設定します。
     
  4. setenv.sh を編集した後、次のスクリプトを実行します。

    $ sh deploy_all.sh
    このスクリプトでは、組織に API プロキシのサンプルがすべて展開されます (このプロセスには 3~4 分かかります)。 API 製品 (product)、デベロッパ、およびアプリ (OAuth のために使用) を展開するように求めるプロンプトに従います。
     
  5. 展開スクリプトの実行が完了したら、sample-proxies ディレクトリに移動します。sample-proxies ディレクトリには、サンプルプロキシごとに 1 つのディレクトリがあります。各ディレクトリには、サンプルの実行に関する情報が格納されている README.md ファイルと、次の 2 つのスクリプトがあります。これらのサンプルは、少し変更を加えて展開した後、そのサンプルを呼び出して、変更が反映されていることを確認する場合に役立ちます。
    • invoke.sh: このスクリプトは、API プロキシの展開済みのバージョンを呼び出すために実行します。
    • deploy.sh: このスクリプトは、変更後、API プロキシを展開するために実行します。
       
  6. API キーのサンプルを試してみてください。このサンプルでは、​​Apigee を使用して、API セキュリティの簡単な「API キー」スタイルを実行する方法が示されています。次のように、sample-proxies/apikey ディレクトリに変更します。

    $ cd sample-proxies/apikey
  7. サンプルを呼び出します。

    $ sh invoke.sh
    パスワードを入力するように求められます。その後、このサンプルでは、API にリクエストを行うために使用されるアプリについての情報が表示された後に、API にアクセスするために使用される API キーが表示されます。さらに、そのキーを使用して API に対してリクエストが行なわれた後、無効なキーを使用したリクエストが行なわれます。

引き続きサンプルで作業することもできますし、チュートリアルの「初めての API プロキシの作成」に進んだり、「シンプルな API プロキシの作成」で初めての API の構築に着手したりすることもできます。

サンプルの詳細

詳細については、次を参照してください。

 

Help or comments?