Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

Drupal バージョンの Private Cloud インストールのアップグレード

Developer Services ポータルで Apigee Edge for Private Cloud をインストールしている場合、新しいバージョンの Drupal が利用可能である旨の通知が表示されることがあります。新しいバージョンとは、Drupal 機能リリース、パッチ、セキュリティ更新、その他の種類の Drupal 更新があることを意味します。セキュリティ更新の場合は、サイトの安全性を維持するため、Drupal のインストールをすみやかにアップグレードしてください。

次の手順では、Drupal の Private Cloud インストールをアップグレードする方法について説明します。

このアップグレードは、Drupal の Private Cloud インストール専用です。ポータルのクラウド展開を使用している場合は、Apigee により、すべての Drupal セキュリティ更新が自動的に適用されます。

この手順では、Drupal のインストールのみがアップグレードされます。ポータルに付属の Apigee ソフトウェアはアップグレードされません。Apigee ポータルソフトウェアのアップグレードの詳細については、『Developer Channel Services Installation and Configuration Guide』を参照してください。

現在の Drupal バージョンの確認

Drupal アップグレードを開始する前に、次のコマンドを Drupal インストールフォルダから実行すると、現在の Drupal バージョンを確認できます。デフォルトでは、 Drupal は /var/www/html にインストールされます。

> cd /var/www/html
> drush status | grep 'Drupal version'

出力は次のようになります。

Drupal version                  :  7.31  

Drupal を /var/www/html 以外のディレクトリにインストールした場合は、drush コマンドそ実行する前に、ディレクトリを必ず変更してください。

Drupal のアップグレード

Drupal インストールをアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. デフォルトのインストールディレクトリの /var/www に変更します。ポータルを別の場所にインストールした場合は、このディレクトリを変更してください。
  2. 次のコマンドを実行して、最新の Drupal をダウンロードします。

    > drush dl drupal

    このコマンドにより、drupal-x.y という名前のディレクトリが /var/www に作成されます。x.y は、現在のバージョンの Drupal に対応します。

    注記:  ポータルが外部のインターネットに接続されていないサーバー上にある場合は、内部アクセスできるサーバー上でこの手順を実行し、drupal-x.y ディレクトリをポータルサーバーにコピーします。
  3. drupal-x.y の sites ディレクトリを削除します。  

    > rm -R -f drupal-x.y/sites
  4. 次のコマンドを使用して、ファイルを /var/www/html ディレクトリから drupal-x.y にコピーします。

    > cp html/buildinfo drupal-x.y
    > cp -r html/sites drupal-x.y
    > cp -r html/profiles/apigee drupal-x.y/profiles

     
  5. 所有権を設定します。このコマンドにより、ユーザー root がユーザー所有者になり、グループ apache が、Drupal のルートディレクトリ内のすべてのファイルとサブディレクトリ、およびこれらのサブディレクトリ内のすべてのサブディレクトリとファイルのグループ所有者になります。

    > cd drupal-x.y
    > chown -R root:apache .
    > find . -type d -exec chmod u=rwx,g=rx,o= '{}' \;
    > find . -type f -exec chmod u=rw,g=r,o= '{}' \;

    異なる所有者/グループの組み合わせを使用する場合は、このコマンドを変更します。詳細は、https://www.drupal.org/node/244924 を参照してください。
  6. sites/filessites/private、および sites/tmp ディレクトリのファイルの権限を設定します。これらのディレクトリをデフォルトの場所から移動した場合は、必要に応じてパスを変更します。移動したディレクトリは、drush vget file_ コマンドを使用して確認できます。

    > cd drupal-x.y/sites
    > find . -type d -name files -exec chmod ug=rwx,o= '{}' \;
    > for d in ./*/files
    do
       find $d -type d -exec chmod ug=rwx,o= '{}' \;
       find $d -type f -exec chmod ug=rw,o= '{}' \;
    done
    > for d in ./*/private
    do
       find $d -type d -exec chmod ug=rwx,o= '{}' \;
       find $d -type f -exec chmod ug=rw,o= '{}' \;
    done
    > for d in ./*/tmp
    do
       find $d -type d -exec chmod ug=rwx,o= '{}' \;
       find $d -type f -exec chmod ug=rw,o= '{}' \;
    done
  7. 既存の Drupal インストールをバックアップし、Drupal 更新を Drupal インストールディレクトリにコピーします。

    > mv html html-bak; mv drupal-x.y html

    権限に応じて、sudo を使用して、このコマンドを実行するか、管理者として実行することが必要になる場合があります。 /var/www/html 以外のディレクトリに Drupal をインストールした場合は、ディレクトリを変更します。
  8. ディレクトリを Drupal インストールディレクトリに変更します。

    > cd /var/www/html
  9. 次の drush コマンドを実行し、Drupal データベースを更新します。

    > drush updb -y
  10. すべてのキャッシュをクリアします。

    > drush cc all

これで、アップグレードが完了です。

 

Help or comments?