Send Docs Feedback

Note: Most user interface tasks can be performed in Edge Classic or the New Edge experience. For an overview, getting started topics, and release notes specific to the New Edge experience, see the docs.

デベロッパポータルでの統合資格情報の使用

フェデレーションログインとは、レコードのシステムと呼ばれる 1 つの ID 管理システムからの資格情報を使用して、別のシステムにログインするプロセスです。例えば、Google または Twitter の資格情報を使用して、Apigee デベロッパポータルにログインできます。フェデレーションログインの利点は、ログインしているシステムからは、資格情報に関連付けられているパスワードが見えないことです。つまり、パスワードを別のシステムにコピーする必要はありません。

Developer Services ポータルでは、次のような複数の一般的なプロバイダの資格情報を使用したフェデレーションログインをサポートしてます。

  • GitHub
  • Google
  • OpenID
  • Twitter

また、Apigee Edge アカウントがすでにある場合は、これらの資格情報を使用して、デベロッパポータルにログインできます。

サポートされている各資格情報プロバイダで必要な構成プロセスは、次のようにそれぞれ異なります。

デベロッパポータルでの統合資格情報の使用

ポータルへのアクセス権を取得するには、デベロッパがポータルで新しいアカウントを登録し、ユーザー名、メールアドレスおよびパスワードを指定します。ユーザーのアカウントが作成されたら、ポータルユーザー名とパスワードを資格情報として指定することで、ポータルにログインできます。

ポータルのフェデレーションログインでは、サードパーティの資格情報を使用して、既存のポータルアカウントにログインします。つまり、サードパーティの資格情報でログインする前に、ポータルのアカウントが必要になります。Apigee でサポートされている統合資格情報を使用すると、既存のポータルアカウントにログインできます。また、Google と Apigee の資格情報を使用すると、ポータルに新しいアカウントを登録できます。

既存のポータルアカウントへのログイン

既存のポータルアカウントにログインするには、サポートされている統合資格情報を使用します。例えば、Twitter 資格情報を使用してログインします。Twitter 資格情報で初めてログインすると、ポータルで Twitter 資格情報を既存のポータルアカウントに関連付けるように求められます。この関連付けは 1 回のみ実行します。関連付けると、Twitter 資格情報でログインできるようになり、関連付けの情報がポータルに保存されます。

新しいポータルアカウントの登録

新しいアカウントをポータルに登録するには、Google または Apigee の資格情報を使用します。統合資格情報を使用して、新しいデベロッパをポータルに登録する場合、デベロッパポータルでは、通常はメールアドレスなどの情報をレコードのシステムから取得します。例えば、Google 資格情報を使用して、新しいデベロッパアカウントをポータルに作成すると、Google からポータルに渡された情報を承認するように求められます。レコードのシステムからポータルに情報が返される場合でも、新規登録では、条件の承諾など、通常は情報の入力が必要になります。

Apigee 資格情報を使用した登録またはログイン

Apigee Edge アカウントがすでにある場合は、これらの資格情報を使用して、アカウントを登録したり、デベロッパポータルの既存のアカウントにログインしたりできます。デフォルトでは、次のボタンがデベロッパポータルの登録ページとログインページの両方に表示されます。

このボタンが表示されるのは、末尾が apigee.com の URL のポータル (Apigee ドメインのポータル) のみです。例えば、http://myCompany.devportal.apigee.com の形式の URL などです。URL の末尾がこのドメインになっていない場合は、Apigee Edge 資格情報を使用してポータルにログインしたり、ポータルで登録することはできません。

既存の Apigee Edge ユーザーを新しいポータルデベロッパとして登録するには、次の手順に従います。

注記: 登録プロセスでは、管理者の承認なしで任意のユーザーが登録できるようにポータルを構成していることを前提とします。アカウントを登録できるユーザーの制御の詳細については、「ユーザーアカウントの追加と管理」を参照してください。

  1. 既存の Apigee Edge アカウントがあることを確認します。
  2. デベロッパポータルで「Register」リンクを選択します。
  3. 登録ページの「Authenticate with Apigee」ボタンを選択します。
    • Apigee Edge にログインしていない場合は、Apigee Edge 資格情報を入力して「Sign in」を選択します。
  4. 登録に必要な情報が他にない場合は、新しいアカウントでデベロッパポータルに自動的にログインします。
    パスワードの設定など、登録プロセスの完了に関する情報が記載されたメールが、Apigee アカウントに関連付けられているメールアドレスに送信されます。
  5. 条件の承諾など、登録プロセスの完了に必要な情報が他にある場合は、「Register」ページに自動的にリダイレクトされるので、Apigee Edge アカウントのユーザー名とメールの情報を該当のフィールドに入力します。
  6. 登録プロセスの完了に必要な情報が他にあれば入力します。
  7. 「Create new account」を選択します。
    パスワードの設定など、登録プロセスの完了に関する情報が記載されたメールが、Apigee アカウントに関連付けられているメールアドレスに送信されます。

Apigee アカウントを使用して既存のポータルデベロッパとしてログインするには、次の手順に従います。

  1. デベロッパポータルで「Login」リンクを選択します。
  2. ログインページの「Authenticate with Apigee」ボタンを選択します。
    • Apigee Edge にすでにログインしている場合は、デベロッパポータルに自動的にログインします。
    • Apigee Edge にログインしていない場合は、Apigee Edge 資格情報を入力して「Sign in」を選択します。

Google 資格情報を使用した登録またはログイン

2015 年 4 月 15 日現在、Google では OpenID 2.0 API (次のリンクを参照) のサポートを終了しました。

https://developers.google.com/+/api/auth-migration#timetable

14.06.11 より前にリリースされたすべてのポータルは、Google OpenID 2.0 を使用しており、Google 資格情報を使用して、ポータルユーザーとしてポータルにログインまたは登録できましたが、このサポートの終了により、この機能はポータルから削除されました。このため、このセクションの内容は、バージョン 14.06.11 より前にリリースされたポータルにのみ適用されます。

代わりの方法として、Drupal Google Auth モジュールを使用できます。「Using OAuth 2.0 for Login」の記事に説明されている情報も参照してください。

デフォルトでは、Google 資格情報を使用したフェデレーション登録とフェデレーションログインがポータルで有効になっており、登録ページとログインページの両方に、次のボタンが表示されます。

Google 資格情報を使用して、新しいデベロッパとして登録したり、既存のデベロッパとしてログインしたりできます。例えば、Gmail アカウントがある場合は、Gmail 資格情報を使用してログインできます。

デベロッパポータルでは、Google OpenID をポータルプロファイルに格納して、Google 資格情報をポータルアカウントに関連付けます。Google 資格情報をポータルアカウントに関連付けた後に、デベロッパポータルの最上部のメニューから 「<メールアドレス>」>「Edit Profile」を選択し、「Manage your OpenIDs」を選択すると、OpenID を確認できます。 

Google 資格情報を使用して、新しいデベロッパとして登録するには、次の手順に従います。

注記: 登録プロセスでは、管理者の承認なしで任意のユーザーが登録できるようにポータルを構成していることを前提とします。アカウントを登録できるユーザーの制御の詳細については、「ユーザーアカウントの追加と管理」を参照してください。

  1. Gmail アカウントなど、既存の Google アカウントがあることを確認します。
  2. デベロッパポータルで「Register」リンクを選択します。
  3. 登録ページの「Authenticate with Google」ボタンを選択します。Google ページにリダイレクトされ、デベロッパポータルによる Google メールアドレスと基本情報へのアクセスを許可するかどうか尋ねられます。
  4. 承認する場合は「Accept」を選択します。
  5. デベロッパポータルの登録ページにリダイレクトされるので、Google の情報を該当のフィールドに入力します。
  6. 登録プロセスの完了に必要な情報が不足している場合は指定します。
  7. 「Create new account」を選択します。
    登録プロセスの完了に関する情報が記載されたメールが Gmail アカウントに送信されます。

既存のデベロッパとしてログインするには、次の手順に従います。

  1. デベロッパポータルで「Login」リンクを選択します。
  2. ログインページの「Authenticate with Google」ボタンを選択します。
    • Google にすでにログインしている場合は、ポータルに自動的にログインします。
    • Google にログインしていない場合は、Google 資格情報を入力してポータルにログインします。
  3. Google 資格情報を使用して初めてログインすると、ポータルのページにリダイレクトされます。このページでは、Google アカウントをデベロッパポータルの既存のアカウントに関連付ける必要があります。

  4. 「Your OpenID」の URL をコピーします。
  5. ページの上部のログインリンクを選択して、既存のデベロッパポータルの資格情報を使用してログインします。 
  6. デベロッパポータルの最上部のメニューから「<メールアドレス>」>「Edit Profile」を選択します。
  7. プロファイルページで、「Manage your OpenIDs」を選択します。
  8. OpenID URL を入力して「Add OpenID」を選択します。
    これで、Google 資格情報を使用してログインできます。

Twitter 資格情報を使用したログイン

Twitter 資格情報を使用して既存のデベロッパポータルにログインできますが、新規ユーザーとして登録することはできません。

Twitter 資格情報を使用したフェデレーションログインでは、デベロッパポータルで Drupal Twitter Signin モジュールを有効にする必要があります。このモジュールを有効にすると、次のボタンがログインページに表示されます。

デベロッパポータルと Twitter 間の接続では、認証に OAuth を使用するため、Twitter 資格情報でデベロッパポータルにログインするには、最初に Twitter アプリを作成する必要があります。このアプリでは、デベロッパポータルと Twitter の通信に使用されるコンシューマキーとコンシューマシークレットを生成します。

次のプロセスでは、最初に Twitter Signin モジュールをデベロッパポータルで有効にしてから、Twitter アプリを作成します。アプリを作成したら、Twitter Signin モジュールに戻り、必要な構成情報を Twitter アプリから追加します。

Twitter Signin モジュールを有効にするには、次の手順に従います。

  1. 管理者特権を持つユーザーとしてポータルにログインします。
  2. Drupal の管理メニューで、「Modules」を選択します。インストールされているすべての Drupal モジュールのリストが表示されます。
  3. ページを下へスクロールし、Twitter Signin モジュールの横のチェックボックスをオンにします。
  4. 構成を保存します。Twitter Signin モジュールを有効にする場合は、他のモジュールも有効にするように通知されることがあります。これらのモジュールは必ず有効にしてください。
  5. Twitter Signin モジュールが有効になったら、Drupal のメニューで「Configuration」>「Web Services」>「Twitter」を選択します。
    Twitter の構成画面が表示されます。
  6. 「Settings」タブを選択します。
  7. Callback URL をコピーします。URL の形式は次のとおりです。

    http://{env}-{org-name}.devportal.apigee.com/twitter/oauth

    Twitter アプリを作成するには、この URL が必要になります。

Twitter アプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. ブラウザで、https://dev.twitter.com/apps/new のページに移動し、Twitter アカウントにログインします。
  2. ポータルに関する次の情報を入力します。
    名前: 例: MyApigeePortal
    説明: 例: My Apigee Portal
    Web サイト: 例: http://{env}-{org-name}.devportal.apigee.com/
    CallbackURL: Callback URL を Twitter Signin モジュールの構成画面からコピーします。
  3. 条件に同意します。
    Twitter ページにリダイレクトされ、コンシューマキーやコンシューマシークレットなどの OAuth 設定が表示されます。Drupal Twitter Signin モジュールを構成するには、このキーとシークレットが必要になります。
  4. 「Settings」タブで、「Application Type Access」を「Read and Write」に変更します。
  5. 「Update this Twitter application's setting」を選択します。

Twitter Signin モジュールを構成するには、次の手順に従います。

  1. 管理者特権を持つユーザーとしてポータルにログインします。
  2. Drupal のメニューで、「Configuration」>「Web Services」>「Twitter」を選択します。
    Twitter の構成画面が表示されます。
  3. 「Settings」タブを選択します。
  4. コンシューマキーを Twitter ページから「OAUTH Consumer Key」フィールドにコピーします。
  5. コンシューマシークレットを Twitter ページから「OAUTH Consumer Secret」フィールドにコピーします。
  6. 「Save Configuration」を選択します。
  7. 「Twitter」タブを選択します。
  8. Twitter アプリを作成するアカウントで Twitter にまだログインしている場合は、「Go to Twitter」ボタンを選択して、認証されたアカウントを追加します。
  9. 「Sign-in」タブを選択します。
  10. 「Automatically Register New Users」で「No」を選択します。
  11. 構成を保存します。
    これで、Twitter ユーザーがデベロッパポータルに登録できるようになり、各自の Twitter 資格情報を使用してログインできます。

Twitter アカウントを使用して既存のデベロッパとしてログインするには、次の手順に従います。

  1. デベロッパポータルで「Login」リンクを選択します。
  2. ログインページの「Authenticate with Twitter」ボタンを選択します。
  3. Twitter ページにリダイレクトされます。
    • すでに Twitter にログインしている場合は、「Authorize app」を選択します。
    • まだ Twitter にログインしていない場合は、Twitter 資格情報を入力して、「Authorize app」を選択します。
  4. Twitter 資格情報を使用して初めてログインすると、ポータルのページにリダイレクトされます。このページでは、Twitter アカウントをデベロッパポータルの既存のアカウントに関連付ける必要があります。
  5. Twitter アカウントに関連付けるアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。この操作は 1 回実行するだけです。
    Twitter 資格情報で次にログインすると、ポータルに直接ログインします。

GitHub 資格情報を使用したログイン

GitHub 資格情報を使用して既存のデベロッパポータルにログインできますが、新規ユーザーとして登録することはできません。

GitHub 資格情報を使用したフェデレーションログインでは、デベロッパポータルで Drupal GitHub Connect モジュールを有効にする必要があります。このモジュールを有効にすると、次のボタンがログインページに表示されます。

デベロッパポータルと GitHub 間の接続では、認証に OAuth を使用するため、GitHub 資格情報でデベロッパポータルにログインするには、最初に GitHub アプリを作成する必要があります。このアプリでは、デベロッパポータルと GitHub の通信に使用されるコンシューマキーとコンシューマシークレットを生成します。

次のプロセスでは、最初に GitHub アプリを作成します。アプリを作成したら、GitHub Connection モジュールを有効にし、クライアント ID とクライアントシークレットを GitHub アプリから追加します。

GitHub アプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. ブラウザで、https://github.com/settings/applications/new のページに移動し、必要に応じて、GitHub アカウントにログインします。
  2. ポータルに関する次の情報を入力します。
    アプリケーション名 : 例: MyApigeePortal
    説明: 例: My Apigee Portal
    Web サイト: 例: http://{env}-{org-name}.devportal.apigee.com/
    CallbackURL: ポータルのホームページの URL (extension /github/register/create)。 例:

    http://{env}-{org-name}.devportal.apigee.com/github/register/create
     
  3. (省略可能) イメージを選択します。
  4. 「Register application」を選択します。GitHub サイトに、デベロッパポータルで GitHub Connection モジュールを構成するのに必要となるクライアント ID とクライアントシークレットが表示されます。これらの情報の形式は次のようになります。
    クライアント ID: dbe86111e411d031d8fb
    クライアントシークレット: e6bd0f838a288113e8b4e531cb6a9487c27f2d79
  5. これらの値をコピーし、GitHub Connection モジュールの構成時に使用します。

Github Connection モジュールを有効にするには、次の手順に従います。

  1. 管理者特権を持つユーザーとしてポータルにログインします。
  2. Drupal の管理メニューで、「Modules」を選択します。インストールされているすべての Drupal モジュールのリストが表示されます。
  3. ページを下へスクロールし、GitHub Connection モジュールの横のチェックボックスをオンにします。
  4. 構成を保存します。
    GitHub Connection モジュールを有効にする場合は、他のモジュールも有効にするように通知されることがありますが、これらは、自動的に有効なります。
  5. GitHub Connection モジュールが有効になったら、Drupal のメニューで、「Configuration」>「People」>「GitHub」を選択します。
    GitHub の構成画面が表示されます。
  6. クライアント ID とクライアントシークレットを GitHub アプリケーションから入力します。
  7. GitHub Connect ブロックを、表示する場所に配置します。
  8. 構成を保存します。

GitHub アカウントを使用して既存のデベロッパとしてログインするには、次の手順に従います。

  1. デベロッパポータルで「Login」リンクを選択します。
  2. ログインページの「Login with GitHub」ボタンを選択します。
  3. GitHub ページにリダイレクトされます。
    • すでに GitHub にログインしている場合は、「Allow access」を選択します。
    • まだ GitHub にログインしていない場合は、GitHub 資格情報を入力して、「Authorize app」を選択します。
  4. GitHub 資格情報を使用して初めてログインすると、ポータルのページにリダイレクトされます。このページでは、GitHub アカウントをデベロッパポータルの既存のアカウントに関連付ける必要があります。
  5. GitHub アカウントに関連付けるアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。この操作は 1 回実行するだけです。
    GitHub 資格情報で次にログインすると、ポータルに直接ログインします。

OpenID 資格情報を使用したログイン

OpenID では、OpenID をサポートするサイトのログインに使用できる単一のユーザー名とパスワードを作成できます。OpenID では、パスワードは共有されず、OpenID プロバイダでのみ保持されます。別の Web サイトへの ID の確認は、OpenID プロバイダが行います。OpenID の詳細については、http://openid.net/ を参照してくささい。

Google や Yahoo などの有名な Web サイトのアカウントがある場合は、OpenID がすでに割り当てられています。例えば、Yahoo のメールユーザーには、次の形式の OpenID が割り当てられます。

https://me.yahoo.com/a/UniqueID

UniqueID は Yahoo によって生成されます。この OpenID を使用して、デベロッパポータルにログインできます。

デベロッパポータルで OpenID をサポートするには、Drupal OpenID モジュールを有効にする必要があります。デベロッパポータルでは、それ以外の構成は不要です。 OpenID モジュールを有効にすると、次のリンクがデベロッパポータルのログインページに自動的に追加されます。

デベロッパポータルでは、OpenID をポータルプロファイルに格納して、OpenID をポータルアカウントに関連付けます。OpenID をポータルアカウントに関連付けた後に、デベロッパポータルの最上部のメニューから 「<メールアドレス>」>「Edit Profile」を選択し、「Manage your OpenIDs」を選択すると、OpenID を確認できます。 

OpenID モジュールを有効にするには、次の手順に従います。

  1. 管理者特権を持つユーザーとしてポータルにログインします。
  2. Drupal の管理メニューで、「Modules」を選択します。インストールされているすべての Drupal モジュールのリストが表示されます。
  3. ページを下へスクロールし、OpenID モジュールの横のチェックボックスをオンにします。
  4. 構成を保存します。
    デベロッパポータルでは、それ以外の構成は不要です。 

OpenID を使用して既存のデベロッパとしてログインするには、次の手順に従います。

  1. デベロッパポータルの資格情報を使用して、デベロッパポータルにログインします。
  2. メニューバーの最上部のメニューから「<メールアドレス>」>「Edit Profile」を選択します。
  3. プロファイルページで、「Manage your OpenIDs」を選択します。
  4. OpenID を入力して、「Add an OpenID」を選択します。
    これで、OpenID 資格情報を使用してログインできます。
  5. デベロッパポータルからログアウトします。
  6. 「Login」を選択します。
  7. ログインページで、「Log in using OpenID」を選択します。
  8. OpenID を入力します。
  9. 「Log in」を選択します。

OpenID を使用して、既存のデベロッパポータルアカウントに直接ログインすることもできます。初回のログイン時に、デベロッパポータルの資格情報を使用してログインするように求められます。OpenID は、初回のログイン時に、デベロッパポータルアカウントに自動的に関連付けられます。これで、OpenID を使用して直接ログインできます。

 

Help or comments?